パソコンよりもセキュリティ力が高いiPhone

subpage01

インターネット利用者の平穏な暮らしを、危険に陥れるのがコンピュータウイルスです。

コンピュータウイルスに感染したデジタル機器は、極めて危険な状態になります。


勝手に見知らぬ第三者のネットワークに接続されたり、高額な通信料が請求されたり、保存していたデータが無断で削除されたり、個人情報を盗み取る悪質なアプリが知らぬ間に内部に入り込んでしまう等、決して見過ごす事が出来ない危険な状態となりますので、たとえ個人がプライベート用に使う端末だったとしても、セキュリティ対策は万全にしましょう。
月並みではありますが、大手IT企業が開発と販売をするアンチウイルスソフトを入れれば、大半のコンピュータウイルスは水際でせき止められます。


ただ、最近はアンチウイルスソフトのチェックをすり抜ける悪質性が高いコンピュータウイルスやスパイウェアがあり、個人で出来るセキュリティ対策には限界が見えてきました。
そのため常にウイルス感染のリスクが伴うパソコンから、セキュリティ力が非常に高いiPhoneへと、メインの端末を切り替える人々が増えてきました。
iPhoneはパソコンとは違い、構造的に外部のファイルやデータが入り込みません。



ウイルス感染のリスクが原理的にありませんので、安心して仕事のメールや重要データのやり取りが進められます。

日本経済新聞を理解するには正しい知識が必要です。

アップルの公式アプリストアに並ぶ数々の製品も、厳格な審査とチェックを何度も繰り返し受けていますので、スパイウェアや不審なアプリを誤ってiPhoneにインストールしてしまう恐れはありません。


iPhoneはパソコンとは違い、標準の仕様で高いセキュリティ力を誇りますので、セキュリティ対策のソフトを別途買う必要なく、リスクマネージメントに掛かる手間と費用が不要です。